×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   廃車引き取りと廃車の現金買取り、廃車方法および廃車手続と廃車の仕方


 車辞典・廃車の手続き編Q&A
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
最近の改定更新 2011,03,01 アクティブ企画編集・くるま便利帳の提携サイト

  
 
     《 このサイトの内容 》
     ・ 廃車の抹消手続 きや、 重量税 還付申請は自分でもできます、、
      廃車引取り、買取りは、専門許可の引取事業者が、有利でお得 。

   ・ 廃車買取、引取りサイトでは、車をよくアピールする こと、その方法。


 《 廃車の要点まとめ 》
   
             ※・要点まとめは、こちらからジャンプします
    
    ※より詳しくは以下ご覧下さい↓
 

  
            廃車 を準備する  引取業者選び  廃車の手続き   手続き 手順書   廃車 Q&A 
 


.........................................................以下、具体的に ご参照下さい                           

   
   【  廃車を準備する 】

         廃車するときは〜ここからチェックです

 @車検の有効期間を確認

    車検の有効期間は、車検証の「有効期間の満了する日」をご覧ください、有効期限が
  過ぎると公道では走れません。廃車のため移動するにも輸送車での運搬になります。
  また、自賠責期間にもご注意※1 ↓


 A書類上の手続きは 早めに
 
   重量税や自動車税(府県税)は月割りで計算され、手続きが翌月に持ち越されると、
  その分還付の金額が減ります。廃車手続きを月末にするのと翌月に入ってするのでは、
  1月ずれる。自動車税、重量税の還付金は併せて万金違 ってきます、
  自賠責保険などの還付も影響します。
 
 B 車検証の所有者の欄の名義を確認
 
    車検証の所有者の欄が、ディーラーやローン会社の場合、手続きに時間が
    かかりますので、前もって必要な書類(所有権の留保解除のため、譲渡 証や委任状)
   の準備を所有者に依頼してかなければなりません。
 
  
   ※1(自賠責保険も有効期間 :車検証の有効が過ぎていて自賠責保険の有効期間 が残
    ている場合は、地元の市区役所で仮プレートを申請して公道での運転ができます。 


 
   ひと言アドバイス :車をもう使わないと、放たらかしにして置きますと、エンジンが掛らなくなり
     ます。 月に1度とか、ときどきエンジンを駆け油類の循環等、 愛車への最後の気配
     りをおすすめ。動く車は、メカ部品の評価など違います、結局はお得になります!


   廃車 TOP に戻る
 

 
  【 廃車引取り業者の選びかた 】

 
  廃車の「下取り」は賢くない・・・.
   「買取り専門屋」もダメ・・・ 第3の選択ヲ ・・・ 
 

   ※1  下取り してもらうのは論外でしょう。!
  
     通常の下取りでは、年式の新しい車なら評価もそこそこ正当なのが 期待できますが
    新車ディラーや中古車屋さんは車を売ることが専門で、年式の古い車は、
    その価値を十分に評価する手立てを持ってません。

   ※2 廃車は・中古車買取り店でもダメです!
 
     中古車の買取専門店も、以下の古い車は、得意ではないのです。
    ・ 使用年数(初度登録から)8年以上車で、走行距離8万キロ以上の車、
     ・ 損傷や大きな凹みで修理に費用が掛かる車、ほか事故や故障車等、
     これらの車は中古車として流通しづらく買取店の専門外、価格が期待できない。

 

   ※3 廃車する車は、部品リユース、部品輸出など車種によりますが、
   相当な需要があり、いま、自動車引取業や解体業※2 が出番となります。


    従って、廃車は、専門の引取・許可業者にその車のグレードや特徴を伝え、
    専門的に見積もってもらうのが良い訳です。 
    では、廃車専門お店に依頼する、どんなお店が信頼できるか・・
  

   ◇ 引取業の許可事業者で、毎日何件も取扱っている、実績がある会社なら、
     まとめて手続きでき費用的に安心ですし価格の情報も豊富で有利。 

   ◇ インターネットでは、地方からでも全国提携一括で問い合わせ見積してもらえ
     ます。 特に、引取り価格見積チェックでは、装備などはより詳しく聞いてくれるところ
     がよいでしょう。
 
   ◇  廃車手続きも併せて代行依頼するとき、実際に廃車手続きされてなくて次年車税
     を請求されるトラブルがあります。 車を引き渡すときに引取手順や手続きのスケジュール
     をよく確認しましょう。 

   ◇ 個々事業者は、解体スクラップ取りを目的の引取チェックとか、リユース部品取りや
    輸出対象 など、買取見積を得意とするところ等事業者によって、サイト個々に特徴があり
    ます、複数チェックを意識しておくべきでしょう。

       ※2 廃車を専門に扱う業者を 「使用済み自動車引取業者・同解体事業者」 
           と云い 行政から許可を受けた事業者です。
   

 
 つぎに 

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 
   [ 廃車 引取り申込みのとき、注意事項]
 
   --------------------------------------------------------------------------------- 
 
    ◇  まず、車名(製造社と車名称)、年式(初年度登録)。車種によっては
    ....... 形式、傷や破損の具合、オートマチックかマニュアルか等(※3 ) 記載する。 

     (   内容は、備考欄や連絡ランも使用して記載する。あるいは、追って ...
        電話で、詳しく打ち合わせするよう おすすめします。  )

     ◇ 車を引取りに来てもらうか持込みするか、有料か無料か確認しましょう。
  
      <持込みの場合の注意点>
  
     ◇ 持ち込む場合は、帰りの交通手段も確認しておくこと。場所によっては不便な場合も....
        最寄りの駅まで送迎できるかなども確認しましょう。
  
    <引取り渡しの場合の注意点>
  
     ◇  車検が切れていてもハンドルを含め動く車なら問題なし、不動車の場合その状態や駐車の場所や
     条件に よっては、運出にトラック車載クレーンで積み込みしなければ ならないほか、困難なこともあり、
     あとから余計な料金を請求されないよう、付近の状態を記載又は話しておきましょう。
  
    ◇ 運輸局での抹消手続きを自分でするか、それとも依頼するか、

     それぞれ引き取りの方式、搬出の条件、廃車手続きの有無、によってその料金、あるいは引取り査定
     価格を確認して下さい。 ご自分で抹消手続きする場合は、以下の[廃車の手続き]ご覧下さい。

     できれば、車検証を手元に置いて書込みがよいでしょう。詳しく書込むには訳があります。それは、
     部品リサイクル向け、海外向けの場合、マニュアルとオートマの違や、人気車種で評価が違うからです。

  以上   
--------------------------------------------------------------------------------
 
       ◇ 動かない高年式の車を処分するときは 
               あなたの動かないクルマ、買い取り査定いたします。         
 
   廃車の手続き   手続き 手順書   
 

 
  【 廃車の手続き 】

 
   自分で廃車(抹消登録の)手続きする場合は

    時間のある方にはお勧めです。ただ、書類不備でやり直し出直さなくてはなら
  ない等や月末は大変込み合うなど、往復の交通費やそこで費やす 時間を考慮
  して、業者に依頼か、ご自身でするかを決めればよいでしょう。

   個人的な感覚では、運輸支局の近く専門の行政書士事務所か、5千円以下で
  できる・実績があり 信頼できる引取り許可業者( 行政書士と提携している )がおすす
  めです。
 
      ( 初めて廃車するかたでも簡単に廃車手続きができるよう、この頁の下に
                   廃車手順の解説リンク を用意しました、ご利用下さい。  )

 
 
     ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


  【 廃車の 要点まとめ 】 
 

    ◇ 廃車の抹消登録の手続きはご自分でもできます、時間的に余裕のある
    方はチャレンジをしてください、とくに重量税などの還付を申請する方には
    ご自分でするとよい。( ※ この下リンクをご参照ください  )

 
    ◇ 引き取りは、ご自分の地域を営業範囲とする引取許可事業者さんに、
    複数で見積もってもらうこと。全国、各地方提携の見積サイトが便利で
    しょう。また、廃車手続きを行っいるところはその料金をチェックする。

 
    ◇ 見積サイトでは、なるべく詳細に、かつ装備品など特徴的なことを丁寧
    に入力することをおすすめ(連絡ランも使用)。また、駐車場の状況も引取
    の作業に影響することは事前に知らせるようにしましょう。

    
  ◇ 車登録事項は正確に、うろ覚えでなく車検証で確認して記載しましょう。
    又、事業者サイト個々に引取対象、得意な引取タイプなど特徴があります。

   

    以上、廃車について、お役にたったら幸いです。

     廃車のチェックは、 車の状態からタイプ毎に選ぶのもポイントで、以下はご参考です 

   (1) どんな車でも・どんな状況でも、無料で引取りできるかどうか
      まずチェックです  廃車の鉄人!引取りの達人!にお任せ下さい!

   (2) リサイクル廃車としての引取 り、他、故障や事故で動かない車の買取、
      引き取りチェック 全国各地方OKです。
                 あなたの動かないクルマ、買い取り査定いたします。

      (3)その他の廃車
     ちょっと惜しいけど” と思う車の価格査定には  廃車でも価格査定



 
     ※ 自分でする手続き、廃車手順の解説は 》 こちら 手続き 手順書    

  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   ページのTOPに戻る
 


     ※ リサイクル料金の預託は、新車購入時もしくは車検又は廃車時に!  
リサイクル料金はチェックできます 〜 リサイクル検索
    財団法人自動車リサイクル促進センターこちらから  
 


廃車を準備する引取業者選び廃車の手続き手続き 手順書


+++ +++ +++

廃車  準備する

引取業者選び

廃車の手続き

手続き 手順書

廃車 Q&A

 
















































































































   "
     廃車についての Q&A